ほうれい線対策にも必須!美容の敵・活性酸素を減らそう

ほうれい線消す → ほうれい線消す方法│しわと活性酸素の関係とは

ほうれい線消す方法│しわと活性酸素の関係とは

美容や健康に良くないと言われている活性酸素は様々な事が要因となって体内で増えていきますが、その中でも大きな原因として挙げられるのが紫外線です。特に顔は常に外気にさらされている状態の場所で、顔に紫外線が長く当たると、活性酸素が生じる原因になります。

生じた活性酸素は肌の細胞を傷つける事になり、美容に関する様々なトラブルを引き起こします。しわやたるみ、ニキビなど、活性酸素が原因となっているものは多いです。

活性酸素は肌の細胞と共に、肌の潤いやツヤ、ハリを保っているコラーゲンを切断してしまうのです。コラーゲンを守るためには栄養分を摂る必要がありますが、効果的なのはビタミンCです。美容にビタミンCが効くというのはこの理由からなのです。

特に、年齢を重ねるとこのコラーゲンを保つというのはとても大切になってきます。体内の機能が衰えるのに加えて、疲れやストレスも溜まりやすいので、油断しているとコラーゲンはどんどん減っていきます。

よく、肌の調子が悪かったり、化粧の乗りが悪いという話がされる事がありますが、これはビタミンやコラーゲンが肌に足りていない状態です。常に気を配ってビタミンやコラーゲンを補給しておく事がとても大切と言えます。

また、もうひとつ活性酸素で影響が出やすいのがニキビです。多くの方が悩んでいるニキビも、実は活性酸素が関係しています。ニキビの原因となっている菌に、アクネ菌という菌があります。これには2種類あり、善玉菌と悪玉菌に分かれます。

善玉菌はその名前の通り、肌を適度に刺激して、ハリを保ってくれる良い菌なのですが、悪玉菌の方は肌で炎症のトラブルを引き起こす元になっています。また、この炎症の際にも活性酸素が生じており、皮膚にダメージを与えています。

肌をきちんとケアする事によってこの悪玉のアクネ菌を取り除き、活性酸素を減らしていく事が大切です。洗顔をこまめに行ったり、美容液などで肌を清潔に保ち、ケアをしていきましょう。

首のしわに効果的なケア方法

しわは顔にできるものをイメージする方が多いですが、実はしわは顔だけでなく、体の色々な部位に生じます。最初は顔だけと思っていても、そのうちに手の甲にできてきたり、首にもしわができたりします。

多くの方が顔のしわのケアは丁寧に意識して行っている方が多いですが、首や手の甲などはあまり意識がいっていないという方も多いです。手の甲のしわのケアは基本的には顔と同じ事をするのが良いです。気づいたらできるだけパックをしたり、クリームを塗ります。

これだけでもかなり差が出てくるので、こまめに行うようにしましょう。できる事なら毎日行うとより効果的です。また、首についてはパックやクリームの前に行うとより効果的な事があります。それはマッサージです。

しわを伸ばすような感じをイメージして、首をマッサージすると皮膚が活性化されて、たるんでいた肌がほど良い緊張感を取り戻し、ハリが出てきます。すぐにしわが無くなる事はありませんが、続けていると徐々に薄くなってきます。

マッサージは肌を引き上げるような感じで行うとより効果的です。どうしても重力で肌は下に落ちてしまいがちなので、それを上向けるように、引き上げる事をイメージして行いましょう。

自宅でも行えますし、たまには贅沢にという方はエステサロンやマッサージのお店などで、首のマッサージをお願いするのも良い方法です。本格的なマッサージを行って貰えるため、リラックス感も得られて効果的です。

また、顔にしわのケアのためのクリームを塗るという方も多いと思います。その際に頬や顎まで塗る方もいると思いますが、合わせて首も塗っておくとより効果的です。多くのしわに効果的なクリームは顔だけでなく、首にも使える事が多いです。

そのため、せっかくなら首まで合わせて塗って、同時にケアをしておきましょう。クリームの選び方も、人によって合う合わないがあるので、いくつか試してみて、自分に合うものを見つけるのも良い方法です。